10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

武士の時代検索エンジン

スポンサードリンク

カテゴリ

管理人

リンク

最近の記事+コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

RSSリンクの表示

 « MENU » * Upload * New entry * A d m i n * All archives

武士の時代戦国ブログ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

page top▲

writes     CLOSE▲  

関ヶ原の戦いの開戦理由 

2008/12/28 Sun 23:21:06
関ヶ原の戦いの開戦理由についてのお話です。

一言で言ってしまうと天下人だった豊臣秀吉が亡くなった後の主導権争いであるといえます。
秀吉も織田信長が亡くなった後、明智光秀柴田勝家との主導権争いに勝って、天下人の地位を築きました。当時、256万石の所領を持ち最大の実力者であった徳川家康が次は自分が天下を取る番だと考えたのも無理がないのです。

このように、家康が独断専行することが予想されたため、生前、秀吉は、いわゆる一般に五大老五奉行といわれる集団指導体制を敷いたのですが、不幸なことに家康に唯一対抗できる前田利家が秀吉の死後、半年余りで亡くなってしまいました。

秀吉が亡くなった当時の五大老の状況を見てみましょう。
徳川家康(55歳) 内大臣 256万石
前田利家(60歳) 大納言 83万石
宇喜多秀家(25歳)権中納言 57万石
毛利輝元(45歳) 権中納言 120万石
上杉景勝(42歳) 参議 120万石

 * 官職は既に辞している場合も含む、年齢には異説あり


家康が秀吉の定めた法度を破って、伊達政宗蜂須賀家政などと無断で婚姻政策を進めた時に利家が烈火のごとく怒り、他の3大老も利家に同調しました。
利家亡き後も3大老の石高合計は家康のそれを凌駕しており、更に前田利長が加わったとしたら家康を圧倒することができそうです。

ところが、事情は単純ではありません。家康以外の3大老は朝鮮の陣により国力が疲弊しているうえに、それぞれが深刻な事情を抱えていました。

秀家は重臣同士の争いや宗教問題などで多くの重臣、一門衆が秀家の下を去っており家中がばらばら、輝元もまた毛利の柱石・小早川隆景を2年前に失って家中を一本にすることができていない状態、景勝に至っては会津に国替えとなって1年と経っておらず、足元固めも未了の状態でした。

もはや家康の独断専行を表立って抑える者がいなくなったのです。当然、そんな家康に反感を持つ者も多くいたのですが、それをなんとか、まとめて家康に戦いを挑んだのが秀吉の信任厚く、才智抜群であった石田三成(38歳) 侍従 19万石 なのです。
スポンサーサイト

カテゴリ: 合戦

TB:0 CM:0 page top▲

writes     CLOSE▲  

関ヶ原の首塚 

2008/12/27 Sat 22:19:58
 「兵(つわもの)どもが夢の跡」関ヶ原古戦場には、JR関ヶ原駅付近で線路をはさんで東首塚と西首塚があります。
東首塚松平忠吉井伊直政陣跡でもあるのですが東軍諸将の軍旗が立てられおり、西首塚には西軍諸将の軍旗が翻っています。

当然、東首塚は東軍のものであり、西首塚は西軍のものとばかり思っていました。
江戸時代、付近の民衆も西首塚を西軍のものと思い、西首塚を弔うのを遠慮して小さな祠を建てて、あたかも祠を守る態で弔い続けたという話があります。

ところが現在の東首塚には次のような解説看板が掲げられています。

「関ヶ原の戦い直後にこの地の領主竹中家が築いたもので家康によって実験された将士の首が、ここに眠っています。」

ということは東首塚は逆に西軍のものということに・・・

昭和15年には、徳川家が建てた名古屋市東区布池町護国院の大日堂と門が移築され、現在は東西両軍の供養堂とされています。

戦国時代には、戦場では首実検後に敵味方を問わず戦死者を弔い供養塚を築くのが習わしでした。
西首塚には両軍の多くの名もなき兵が葬られているのでしょう。

 【関ヶ原の東首塚】

MCYC4alm.jpg

カテゴリ: 合戦

TB:0 CM:0 page top▲

writes     CLOSE▲  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。