10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

武士の時代検索エンジン

スポンサードリンク

カテゴリ

管理人

リンク

最近の記事+コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

RSSリンクの表示

 « MENU » * Upload * New entry * A d m i n * All archives

武士の時代戦国ブログ

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

page top▲

writes     CLOSE▲  

氏と姓と苗字(名字) 

2008/12/29 Mon 22:18:14
今回は、氏と姓と苗字(名字)について考えてみます。

明治以降は氏も姓も苗字(名字)もほぼ同じ意味となり、そのことの違いについてこだわる意味はほとんどありません。
しかしながら明治以前の歴史を見る場合には、その違いを知っていた方が多少はいいかもしれません。


というのは、源・平・藤原・橘・在原・阿部・賀茂・物部などの大きな血族のことをいい、本姓ともいいます。

は、天皇から賜る家格や職掌を称するもので真人・朝臣・宿禰・忌寸・道師・臣・連・稲置などをいいます。
姓は、従来は血族単位に与えられたものと考えられていましたが、本来は個人に対して与えられたもののようです。

苗字は、地名や役職から名乗られた家を称するもので、徳川や足利などがあたります。姓は、公的なものであり苗字は私称であるわけです。
現代は皇族以外は皆、氏を持つわけですがそのほとんどは苗字であるといわれており、その8割が地名に由来すると推定されているようです。

大きな血族である氏も時代が下がるにつれて、身分も違えば、住むところも違ってくるところから更に小さな単位である苗字が必要となってきたわけです。
源氏(清和源氏)という氏からやがて足利、新田、武田、土岐・・・と枝分かれしていくのが一つの例です。

徳川家康の正式な名乗りは徳川次郎三郎源朝臣家康(とくがわ・じろうさぶろう・みなもと・の・あそん・いえやす)です。
この場合、徳川は苗字、次郎三郎は通称、源は氏、朝臣は姓というわけです。
また、氏のあとには「の」を入れて名乗るのが慣例となっており、豊臣秀吉の豊臣は源と同列の氏(本姓)ですから「とよとみ・の・ひでよし」と呼ぶのが正式だと思われます。

今回はこの辺で。
スポンサーサイト

カテゴリ: 歴史用語

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。